• MEZZANINE

都市の新関係性論(2/2)

最終更新: 2020年9月24日

クリエイティブネイバーフッドという代替案 (1/2)より続く


絆づくりよりも自らの欲望を優先する者に開かれた場所

 ここで指摘したいのは、「交流」の質の問題だ。

 先述(スタートアップ拠点都市Beyond!(1/2))のクリック研究所を設計したHOK社の担当技術責任者デビット・キングは、「コラボレーションとは、自分の専門外の人間と話すこと」だと言う。遺伝学者と脳科学者、情報学者と免疫学者が交流することで、新たな光明がもたらされるのだと。また、予防医学研究者の石川善樹氏は、三菱地所のオウンドメディア内インタビュー(「TOKYO INNOVATION RESEARCH」)で次のようにコメントしている。

「東京のある有名な大規模複合施設では、コミュニティマネージャーのような存在がいて、テナント同士を交流させるために、さまざまな取り組みをしています。ただ、交流は行われているのですが、そこから何かが生まれているようには見えません。単に交流したことで終わっているような気がします。(中略)単なる交流は、知の深化はあっても探索につながっていないのだと思います。もともと興味のあることについて深掘り(深化)するだけで終わってしまうのです」


 このように同氏は、知的生産性を高めるためには、知を深めることに加えて知の範囲を広げることの重要性を指摘する。互いに分かり合える、あるいは興味関心を等しくする「お約束のコミュニティ」を超えて、異分野に道場破りのごとく侵入するラジカルなコラボレーションの可能性だ。極論すれば、コミュニティよりコ・ラーニング、交流よりも出会い頭の衝突の重要性である。それは、あくまで知的生産を前提とした衝突であり、何かを生み出す、あるいは、自らの挑戦的創造行為にとって価値ある前進をするための共振への好奇心だ。単なるネットワーキング系の交流とは一線を画す。

 後者の交流にももちろん意味はある(優劣の問題ではない)。ネットワーキングを通じて、思わぬ第三者に到達できたり、相手の姿勢に影響されてこちらのモチベーションが強化されたり、未知の情報がもたらされることも少なくない。場合によっては金曜のディナーの相手が見つかるかもしれない。しかしそれは、何かを生み出すことを前提とした交流とは質が異なる。

 改めて言うが「優劣」の問題ではない。明確にしたいのは、交流の質の違いを認識すること。社会的包摂や相互扶助を醸成させるための社会関係資本を高める交流と、連携進化をもたらす創造資本を高める交流とは、明確に区別・意識する必要がある。地域コミュニティ論やいわゆる「まちづくり」の現場で言われる「つながり」や「関係人口」と、クリエイティブネイバーフッドで歓迎される「コ・ラーニング」や「共創人口」とは明らかに交流の質が異なるのだ。クリエイティブネイバーフッドとは、友人づくりよりも、自分の欲望を優先し一人没頭する者に開かれた、アナーキーでラジカル、わがままなネイバーフッドなのである。

蛇足 -ボーリングは一人で楽しめ(※)

 J.ジェイコブスの「アメリカ大都市の死と生」の中に以下の一節がある。アーバンネイバーフッドで菓子屋を営む店主ジャッフェの台詞だ。「同じ興味を持つ二人の客が同じ時に居合わせたなら、話題を持ち出して、二人が望めば話が続けられるようにすることはあります。いや、でも紹介はしませんね」。

 また、システム工学専門の佐久間康富 和歌山大准教授は共著「無形学」(2017 水曜社)の中で次のように述べて、われわれが陥りがちな、関心のある者同士だけの単なる繋がりの非発展性に警鐘を鳴らす。

「他者との交流による自己変革の覚悟と仕組みが準備されていないと、現役世代(編集部注、「過疎地を訪れる外部からの若者」)を受け入れても『新たな価値』は生まれることはない。(中略)他者を受け入れ、隣り合う他者に積極的に関わり、自己を解体するような揺らぎへの可能性を開きつつ、他者を受け入れることが重要である」。

 これこそ都市ならではの関係性のリテラシーであり、創造する者のマインドセットだと痛感する。隣人関係も相互扶助も大切だ。でもゴールはそこではない。そろそろ、イノセントに繋がる行為は辞めにしないか。


※ボーリングは一人で楽しめ  政治学者ロバート・D・パットナム(1940〜)の2000年の著書「孤独なボウリング -米国

 コミュニティの崩壊と再生」より。米国の社会関係資本(ソーシャルキャピタル)の衰退

 に警鐘を鳴らした。


text:吹田良平

Manhattan, NY

MEZZANINE Vol.4 都市の新関係論

Chapter3では、都市政策の代替案として、「クリエイティブネイバーフッド」を掲げる。「関係性」、「テクノロジー」の二つの側面から検討を加えていき、街のマインドセットやコモンウェルス(共通善)を明らかにしていく。


Interview

中島隆博(東京大学 東洋文化研究所 教授)

広井良典(京都大学 こころの未来研究センター 教授)

ドミニク・チェン(早稲田大学 文学学術院 准教授)

日本電信電話株式会社

嶂南達貴(scheme verge株式会社 CEO)

吉村有司(東京大学 先端科学技術研究センター 特任准教授)


MEZZANINE 編集長プレゼンツ

ブックフェア「本屋で都市を編む」開催中

@紀伊國屋書店 新宿本店 9/17〜10/22

35名のアーバンシンカーによる70冊の選書フェア



22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示